日本貿易関係手続簡易化協会(略称:ジャストプロ 英文略称:JASTPRO)のウェブサイト

原産地関係エッセイ・論文・講演資料

「一話完結 原産地オタク達の八丁堀梁山泊」では、肩の凝らないエッセイを掲載し、毎月更新しています。

なぜ「八丁堀梁山泊」か。『日本では「梁山泊」は有志の巣窟を意味する代名詞のように使われる。たとえば明治初期、大隈重信の東京の私邸には井上馨、伊藤博文ら若手官僚が集まり政談にふけったため、「築地梁山泊」と呼ばれる。』(ウィキペディアから引用)。
そこで、明治の元勲には遠く及ばないまでも、築地から日比谷線で一駅の八丁堀に原産地オタクが集まり、ワイワイやるべくシャレてみました。

本コーナーでは、原産地に関連する話題を提供するとともに、原産地規則を作る人、実際に使う人、途上国政府職員に教える人、途上国で悪戦苦闘している人、国際機関で調整を行う人等、様々な観点から、何でも自由に書いていただき、皆様と共有していきたいと考えています。
「自由な発想で、原産地規則の改善提案をしたい。」、「以前から、○○協定のこの規定は不合理だと思っていた。」、「なんでこの製品が日本製なの。」等々、この際だから書いてみようと思われる方は、是非、ご投稿下さい。

エッセイ一覧

第二十五話2018.12.11USMCA協定:原産地規則編
第二十四話2018.10.02原産地規則の将来をHSに見る
第二十三話2018.09.03TPP11と日EU・EPA原産地規則の主な共通点と相違点
第二十二話2018.08.03植物の原産地の謎
第二十一話2018.07.06TPP11における税率差ルール(後半)
第二十話2018.06.08TPP11における税率差ルール(前半)
第十九話2018.05.08EUの原産地規則交渉官の苦労
第十八話2018.04.06積送基準を考える 日EU・EPA原産地規則条文を読んで見つけたこと
第十七話2018.03.02中古品の原産地(後編)
第十六話2018.02.02中古品の原産地(前編)
第十五話2018.01.05『未組立て』及び『分解された』物品の原産地
第十四話2017.12.04合意文書作成の機微
第十三話2017.11.02ある途上国の原産地証明書発給事務所で見たこと
第十二話2017.10.02de minimis規定の『哲学』
第十一話2017.09.04『コーヒー』の原産地
第十話2017.08.01『セット』の原産地規則
第九話2017.06.27関税分類の世界から原産地の世界へ
第八話2017.06.05ワインの原産国
第七話2017.05.02タイの原産地オタク達の日常
第六話2017.04.05原産地決定 - 鶏が先か、卵が先か?
第五話2017.03.01特別寄稿 難しさが面白さ?〜原産地規則の魅力〜JICA専門家 (マレーシア税関)出口雅也
第四話2017.02.01品目別規則の不思議
第三話2017.01.06時計の原産国はムーブメントが生産された国か?
第二話2016.12.01国際機関における意思決定
第一話2016.11.02文化財・骨董品の原産地

このページの先頭へ

注意)
日本輸出入者標準コードに関するお問合せは、ページ上部のメニューにある「コード関係お問合せ」をクリックして下さい。

一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀 2-29-11 八重洲第五長岡ビル4階
コード管理センター TEL.(03)3555-6034 / FAX.(03)3555-6036
代表(庶務室) TEL.(03)3555-6031 / FAX.(03)3555-6032
Copyright©2004 JASTPRO All Rights Reserved.