日本貿易関係手続簡易化協会(略称:ジャストプロ 英文略称:JASTPRO)のウェブサイト

原産地関係エッセイ・論文・講演資料

連載 第一話- はじめに -

筆者は、公務員時代の大蔵省・財務省における勤務に加え、2011年にアジア開発銀行(Asian Development Bank: ADB)を定年退職するまでの12年間、貿易、関税及び租税分野を担当し、これらに関するプロジェクトを作成・実施してきましたが、退職後もADBのコンサルタントとして関与してきたこともあって、引き続きマニラに住んでいます。今般、JASTPROの依頼を受けてエッセイを連載することになりました。日本には定期的に戻っていますが、このエッセイを通じ自己の経験を紹介することによって日本の読者の皆様と繋がりが持てるのであれば、筆者としても望外の喜びです。

さて、JASTPROの依頼は「原産地規則」に関連する内容ということでしたので、筆者の最初の国際機関での経験談を書いてみたいと思います。なお、ADBやその勤務時代のエピソードは今後の展開を見ながら適宜紹介していきたいと思っています。

筆者は、80年代初頭から12年にわたり、ジュネーブにある国連貿易開発会議(UNCTAD)国際貿易部に勤務し、その間一般特恵制度(Generalized System of Preferences: GSP)を担当するGSP課長代行兼技術協力調整官として、94ヶ国に出張しGSP供与・受益国との政策対話、セミナーの開催など技術協力を行ってきました。当時は、毎年ないし隔年に「UNCTAD特恵特別委員会」が開催され、事務局文書の作成に追われていました。欧米、日豪など先進供与国は、事前にパリのOECDで共通ポジション確立のため会合していました。UNCTADにおける討議は、四つのグループ別に行われていました(先進国、途上国、東側諸国と中国)。途上国グループは、最初の会合に77ヶ国が参集したことからG77(Group of 77)と呼ばれています。

現在の国際貿易はFTA・EPA抜きには語れませんが、これら協定の重要要素である原産地規則(Rules of Origin: ROO)に係る諸問題(所謂スパゲッティボール現象など)については、後日触れますが、既にGSPの枠内で発生していました。ROO、特に非特恵については真打が担当しますので、筆者は、FTA・EPAのROOの土台となったGSPのROOについて、セミナーにおけるこぼれ話などの周辺情報を提供し、それでなくても難解なとっつきにくいROOの理解向上に資したいと思います。なお、90年代央の時代の出来事に触れる関係で、必ずしも現在の状況を反映していないことが有り得ることを前もってお断りしておきます。

さて、ジュネーブ市郊外には25ヘクタールに及ぶアリアナ公園がありますが、この中に、パレ・デ・ナシオンと呼ばれるジュネーブ国連欧州本部の建物があります。ここでは主として、経済・人道(含拉致問題)・軍縮問題が討議されています。UNCTAD入居ビルも併設されています。この公園を所有していたのはスイスの富豪で、ジュネーブが国際連盟の本部に決定された際、ジュネーブ市に寄贈、その後、市は国連欧州本部に提供しました。寄贈を受ける際、市は三つの条件を受け入れましたが、その一つに公園内において孔雀を放し飼いにすることがあり、当時、勤務中にけたたましい鳴き声を聞いたものです。1936年にパレ・デ・ナシオンが建てられるまでの間、国際連盟は市内のレマン湖に近いところにあり、敷地内には、もう戦争はしないとの誓いの象徴として、砲身を結んだ戦車が置かれていました。残念なことに在住中に火災に会い建物は消失してしまいました。

国連とレマン湖の間に建っているのが現在のWTO本部です。裏庭はレマン湖に面していますが、日本が寄贈した桜が植えられております。珍しく、スイスには3人の日本大使がおります。首都ベルンに日本国大使、ジュネーブには、代表部大使と軍縮大使の計3人です。WTOから道路を挟んではす向かいにUSTRのオフィスがあります。観光案内をする能力はありませんが、今後この紙面を借りて、国連システムやジュネーブの生活の現実などにも触れていきたいと思います。

2016年11月16日 掲載
文中、意見に及ぶところは筆者の個人的な意見であり、JASTPRO又は関係諸機関の見解ではないことを予めお断りしておきます。

このページの先頭へ

注意)
日本輸出入者標準コードに関するお問合せは、ページ上部のメニューにある「コード関係お問合せ」をクリックして下さい。

一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀 2-29-11 八重洲第五長岡ビル4階
コード管理センター TEL.(03)3555-6034 / FAX.(03)3555-6036
代表(庶務室) TEL.(03)3555-6031 / FAX.(03)3555-6032
Copyright©2004 JASTPRO All Rights Reserved.