日本貿易関係手続簡易化協会(略称:ジャストプロ 英文略称:JASTPRO)のウェブサイト

原産地関係エッセイ・論文・講演資料

長期連載 「検証 WTO非特恵原産地規則調和作業」

エッセイ一覧

2016.12目次
2016.12はじめに

■第1編 原産地規則概説

2016.12●第1章 原産地規則の存続理由
-

●第2章 原産地決定のための方式

2017.01.11・第1節 実質的変更
2017.02.20・第2節 関税分類変更基準
2017.03.17・第3節 付加価値基準
2017.04.19《参考1》特恵原産地規則における累積制度の考察
2017.05.26・第4節 加工工程基準
2017.05.26・第5節 レジデュアル・ルール
2017.06.28●第3章 原産地規則協定を必要とした理由

■第2編 WTO原産地規則に関する協定

2017.07.28●第1章 原産地規則協定の構成
2017.07.28●第2章 紛争処理

■第3編 非特恵原産地規則調和作業と技術的検討

-

●第1章 調和作業の概要

2017.08.31・第1節 原産地規則技術委員会における技術的検討
2017.09.27・第2節 原産地規則委員会における交渉
・第3節 原産地規則委員会議長最終パッケージ提案
-

●第2章 調和非特恵原産地規則(調和規則)案総則

2017.10.27・第1節 調和規則の構造
2017.11.29・第2節 プライマリー・ルールとレジデュアル・ルール
レジデュアル・ルールに関する議論の深まり
レジデュアル・ルールの判断基準としての「重要な特性」
TCROの最終テキスト(別添2、ルール2-1995年5月)
2017.12.20CROの最新テキスト
実質的変更とレジデュアル・ルール適用結果としての原産国
米国とEUのレジデュアル・ルール
2018.01.26・第3節 軽微な作業又は加工
・第4節 その他の総則規定及び調和規則別添2ルール
2018.02.27・第5節 HSに関連する諸問題
HSの概要
調和規則:総則ルール2(TCRO)、総則ルール1(CRO)−HS
ARO第6.3条の下での改正の仕組み
物品の部品・コンポーネンツへの分解
2018.03.27HS通則2(a)と原産地規則との関係
「単なる(simple)」加工に係る諸問題
未組立て又は分解された状態で提示される物品 (関税分類の視点)
部品の収集(集積)
収集(集積)された部品の組立て
2018.04.26その他のHS通則に関連する諸問題
2018.05.31●第3章 完全生産品(調和規則の別添1)
・第1節 第1回技術委員会会合における議論
・第2節 技術委員会による完全生産品定義‐当初テキスト
・第3節 技術委員会による完全生産品定義‐再検討
2018.06.28・第4節 原産地規則委員会による完全生産品定義の検討
・第5節 国の外で得られた物品に係る定義の検討
2018.07.30●第4章 品目別規則(調和規則の別添2)
・第1節 農水産品(HS第1類〜第24類)
2018.08.30・第2節 鉱物、化学品、木材、紙等(第25類〜第49類)
2018.08.30《第2節・別添》 化学品等(第28類〜第40類)に適用されるプライマリー・ルールとしての加工工程基準
2018.09.27・第3節 繊維及び繊維製品(第50類‐第63類)
2018.10.30・第4節 皮革製品、金属製品、工具等(64類-83類)
(1)履物、石、陶磁製品、ガラス製品(第64類-第70類)
2018.11.29《参考2》累積規定の考え方に係る再整理

このページの先頭へ

注意)
日本輸出入者標準コードに関するお問合せは、ページ上部のメニューにある「コード関係お問合せ」をクリックして下さい。

一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀 2-29-11 八重洲第五長岡ビル4階
コード管理センター TEL.(03)3555-6034 / FAX.(03)3555-6036
代表(庶務室) TEL.(03)3555-6031 / FAX.(03)3555-6032
Copyright©2004 JASTPRO All Rights Reserved.