日本貿易関係手続簡易化協会(略称:ジャストプロ 英文略称:JASTPRO)のウェブサイト

国連CEFACT & UN/EDIFACT関係TOP

国連欧州経済委員会勧告和訳

国連CEFACT日本委員会(JEC)は、我が国において国連CEFACTが開発する勧告や標準の普及・促進活動を支援するための組織として1990年に関係業界団体、企業等により設立(事務局は当協会)されました。

本委員会の下に設置されている「国連CEFACT標準促進委員会(JUS)」は、我が国の国連CEFACT活動への参画方針等の検討、既定各種コード、要件等の修正・追加等の申請に関する審査等の活動を行っております。また、2007年度からは、国連欧州経済委員会(UNECE)名で発行され国連CEFACTが開発した勧告にかかる最新版の和訳作業を、JUS委員のご協力を得つつ進め、順次公開の上、関係機関や関係企業等に提供させていただいております。

この度、UNECE名により発行されました各種の勧告につきまして、整理・編集の上、勧告第1号から第35号までを以下のとおり掲載することとしましたので、関係機関等の業務運営にご活用頂けましたら幸いです。

今後、勧告の改訂版、あるいは新規勧告が出された場合は、時宜に応じて、和訳版を公開し、皆様方にご案内させていただくこととしております。

勧告第1号改訂 (United Nations Layout Key for Trade Documents Recommended Practice and Guidelines:貿易書類のための国連レイアウトキイ 推奨されるプラクティスとガイドライン)
勧告第3号 (Code for the Representation of Names of Countries:国名コード)
勧告第4号 2015年12月改訂版  原文  対訳
勧告第5号 (Abbreviation of INCOTERMS:インコタームズ:貿易条件略号)
勧告第6号 (Aligned Invoice Layout Key for International Trade:貿易のための統一インボイスレイアウトキイ)
勧告第7号 (Numerical Representation of Dates, Time and Periods of Time:日付・時間・期間の数字表記法)
勧告第8号 (Unique Identification Code Methodology‐UNIC:単一識別コード方法論)
勧告第9号 (Alphabetic Code for the Representation of Currencies:通貨表示のための英字コード)
勧告第10号 (Codes for the identification of Ships:船名コード)
勧告第11号 (Documentary Aspects of the international Transport of Dangerous Goods:危険物の国際輸送における書類の問題)
勧告第12号 (Measures to Facilitate Maritime Transport Documents Procedures:海上運送書類の手続簡易化のための方策)2011年改訂
勧告第13号 (Facilitation of Identified Legal Problems in Import Clearance Procedures:輸入通関手続における関連法律問題の簡易化)
勧告第14号 (Authentication of Trade Documents:貿易書類の認証)2014年改訂
原文  対訳
勧告第15号 (Simpler Shipping Marks:簡易化荷印)
勧告第16号 (Code for Trade and Transport Locations:港・地名コード)
勧告第17号 (Payterms‐Abbreviations for Terms of Payment:支払条件コード)
勧告第18号 (Facilitation Measures Related to International Trade Procedures:貿易手続に関する簡易化方策)
勧告第19号 (Code for Modes of Transport:輸送モードコード)
勧告第20号 (Codes for Units of Measure Used in International Trade:国際貿易に用いられる計測量単位コード)
勧告第21号 (Codes for Passengers, Types of Cargo, Packages and Packaging Materials (with Complementary Codes for Package Names):船客、貨物形態/荷姿/包装材料コード)
勧告第22号 (Layout Key for Standard Consignment Instructions:標準貨物輸送指図書のためのレイアウトキイ)
勧告第23号 (Freight Cost Code - FCC:輸送費諸掛コード)
勧告第24号 (Trade and Transport Status Codes:輸送ステータスコード)
勧告第25号 (Use of the UN Electronic Data Interchange for Administration、Commerce and Transport(UN/EDIFACT):行政、商業、運輸のための電子データ交換国連規則(UN/EDIFACT)標準の使用)
勧告第26号 (Commercial Use of Interchange Agreements for Electronic Data Interchange:電子データ交換のための交換協定書の商的利用)
勧告第27号 (Recommendation on Preshipment Inspection:船積前検査(PSI)に関する勧告)
勧告第28号 (Codes for Types of Means of Transport:輸送手段のタイプコード)
勧告第31号 (Electronic Commerce Agreement:電子商取引契約)
勧告第32号 (E-Commerce Self-Regulatory Instruments(Codes of Conduct):電子商取引自主規制手段に関する勧告(行動規範))
勧告第33号 (Recommendation and Guidelines on Establishing a Single Window:シングルウィンドウの設置に関する勧告とガイドライン)
勧告第34号 (Data Simplification and Standardization for International Trade:貿易のためのデータの簡素化と標準化)
勧告第35号 (Establishing a Legal Framework for International Trade Single Window:国際貿易シングルウィンドウのための法的枠組みの構築)
勧告第36号 (Single Window Interoperability:シングルウィンドウの相互運用性)
英文PDF
和文PDF
勧告第40号 (Consultation approaches Best Practices in Trade and Government Consultation on Trade Facilitation matters:協議へのアプローチ 貿易円滑化関連事項に関わる貿易関係業界と政府との協議におけるベストプラクティス)
英文PDF
和文PDF
勧告第41号 (Public Private Partnership in Trade Facilitation:貿易円滑化に関わるパブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP))
英文PDF
和文PDF
勧告第42号 (Trade and Transport Facilitation Monitoring Mechanism:貿易と輸送の円滑化モニタリングメカニズム)


具体的なコードは以下のURLからダウンロード出来ます。 http://www.unece.org/cefact/codesfortrade/codes_index.htm

このページの先頭へ

注意)
日本輸出入者標準コードに関するお問合せは、ページ上部のメニューにある「コード関係お問合せ」をクリックして下さい。

一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀 2-29-11 八重洲第五長岡ビル4階
コード管理センター TEL.(03)3555-6034 / FAX.(03)3555-6036
代表(庶務室) TEL.(03)3555-6031 / FAX.(03)3555-6032
Copyright©2004 JASTPRO All Rights Reserved.
協会情報 JASTPRO and its Role(English) 日本輸出入者標準コード UN/CEFACT & UN/EDIFACT関係 委員会活動 トピックス 協会刊行物案内 サイトマップ 周辺地図 お問い合わせ 関連リンク TOPページ 当協会の取扱書式