本文へ移動

国連CEFACT活動

 当協会は、国連CEFACT*1の我が国唯一の窓口として、国内での活動のみならず、国連CEFACTとの連携推進はもとより、我が国の貿易相手国としてウエィトが高いアジア太平洋地域における貿易関係手続の簡素化と電子化を促進するため、AFACT*2及び国連ESCAP*3が開催する APTFF 会議*4などの国際機関とも連携した諸活動に参画しています。

  1. 国連 CEFACT 活動への参画
    年1回の総会及び年2回のフォーラム会議に専門家等を派遣し、国際標準化活動などの進捗状況を調査し、国内の関係機関・団体等に広く情報提供しています。
    必要に応じて我が国関係業界等の意見を国連CEFACTの場に反映すべく努めています。
  2. AFACT活動への参画
    AFACTの創設メンバーとしてAFACTの諸活動に積極的に参画し、年2回の会議(中間会議、運営委員会・総会)に当協会職員を派遣しています。
    2011 年のAFACT総会においては、当協会のこれまでの活動がメンバー国から評価され、当協会に対しe-ASIA 賞が授与されました。
  3. 国連CEFACT日本委員会の活動
    国連CEFACT日本委員会(JEC)は、我が国における国連CEFACTの勧告や標準の普及・促進活動を支援するための組織として1990年に我が国の関係業界団体、企業等により設立されました。
    本委員会の事務局として、本委員会の活動をサポートしています。

*1 貿易円滑化と電子ビジネスのための国連センター (The United Nations Centre for Trade Facilitation and Electronic Business)
*2 貿易円滑化と電子ビジネスのためのアジア太平洋協議会 (Asia Council for Trade Facilitation and Electronic Business)
*3 国連アジア太平洋経済社会委員会 (United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific)
*4 アジア太平洋地域の貿易手続簡易化と電子化を促進するための会議 (Asia-Pacific Trade Facilitation Forum)