本文へ移動

八丁堀梁山泊 第59話

【速報】ペルーのTPP11発効(9月19日)

 2021年7月、ペルーがCPTPP(TPP11)に係る国内手続きを完了した旨を寄託国ニュージーランドに通報したことによって、9月19日に発効することとなりました(8番目。残るは、マレーシア、ブルネイ、チリの3ヵ国)。これに伴って、2021年9月19日以降、ペルーを原産地とする貨物のうち、一般特恵税率(GSP税率)がEPA税率より高い品目又は同じ税率の品目については、一般特恵税率は適用されなくなります。
 なお、経過措置として、TPP11原産地規則の規定を満たす産品については、
    ペルーについてTPP11が効力を生ずる日に日本に輸送中の貨物、又は、
    既に日本に到着し保税地域に蔵置されている貨物を、ペルーについてTPP11が効力を生ずる日後に輸入申告する場合、
 必要なEPA税率適用要求手続が行われることを条件として、EPA税率の適用が可能となります。
         財務省 〔https://www.customs.go.jp/roo/text/tpp_peru.htm